成風(読み)セイフウ

デジタル大辞泉の解説

せい‐ふう【成風】

《郢(えい)の匠石という工人が人の鼻端の土の汚れを取るのに、斧(おの)を振るって風を起こし、汚れを取って鼻を傷つけなかったという「荘子」徐無鬼の故事から》
建築物などをりっぱに仕上げること。
「―天の望にすずしく」〈海道記
人に詩文の添削を頼むときに用いる語。郢斲(えいたく)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいふう【成風】

〔荘子 徐無鬼
見事に建築物を作り上げること。 「 -の功終て、此寺五山第二の列に至りしかば/太平記 24
人に詩文を添削してもらうこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android