コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成/盛/静 ジョウ

6件 の用語解説(成/盛/静の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じょう【成/盛/静】[漢字項目]

〈成〉⇒せい
〈盛〉⇒せい
〈静〉⇒せい

せい【成】[漢字項目]

[音]セイ(漢) ジョウ(ジャウ)(呉) [訓]なる なす
学習漢字]4年
〈セイ〉
なしとげる。つくりあげる。しあがる。なる。「成果成功成績成立完成期成結成構成合成作成小成達成編成集大成
一人前になる、また、する。そだつ。「成育成熟成人成虫成長成年促成養成老成
できあがっている。「成案成句成語
〈ジョウ〉なる。なす。「成就成道成仏
[名のり]あき・あきら・おさむ・さだ・さだむ・しげ・しげる・なり・のり・はかる・ひで・ひら・ふさ・まさ・みち・みのる・よし
[難読]成吉思汗(ジンギスかん・チンギスハン)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せい【成 Chéng】

中国,五胡十六国の一つ。306‐347年。成漢,後蜀ともいう。西晋時代,飢餓に苦しむ関中方面の(てい)族は故郷の漢水地方に流れこんだが,これを指導する李特は,西晋の内乱に乗じて四川地方を占拠した。以後李氏一族がこの地方の覇権を握り,李特の子李雄は道士范長生を政治顧問として成都で帝位に就き,国号を大成と称した。のち第4代李寿がこれを漢と改めた。李雄の死後は一族の間に内紛が絶えず,第5代勢のとき東晋の桓温に攻略されて滅んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せい【成】

五胡十六国の一。氐てい族の李特が四川に建国(304~347)。東晋に滅ぼされた。成漢。後蜀。

なる【成】

暦注の十二直の一。新たに事を始めることに吉、訴訟や談判に凶という日。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

成/盛/静の関連キーワード

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone