コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

我意 ガイ

デジタル大辞泉の解説

が‐い【我意】

[名]自分一人の考え。自分の思うままにしようとする心持ち。わがまま。我(が)。「あくまでも我意を通す」
[形動]《中世後期以降の口語》
自己中心で独断的な考えや意志を押し通そうとするさま。
「―ナ者」〈日葡
程度がはなはだしいさま。たいそうである。ひどい。むやみだ。
「天の気がをりて―なれば旱(ひでり)になるぞ」〈詩学大成抄・一〉
「―に働いて、息が切れべいならば」〈雑兵物語・上〉
[補説]本来形容動詞として成立していたものと思われるが、のちに「がいな」「がいに」という形でのみ用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がい【我意】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
自分の考えを押し通そうとする気持ち。わがまま。我。 「 -を通す」 「 -ナ者/日葡」 → がいながいに

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

我意の関連キーワード俄・峨・我・牙・瓦・画・畫・臥・芽・衙・賀・雅・餓・駕メーヌ・ド・ビラン腹一杯・腹一盃じゃじゃばるアハンカーラウパバルシャホイットマン木盾に取るアニルッダ東山桜荘子心理的離乳押し立つ自己意識自我意識我慢の幢二十五諦志賀直哉南蛮文化自意識離人症

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

我意の関連情報