コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦後50年国会決議 せんごごじゅうねんこっかいけつぎ

1件 の用語解説(戦後50年国会決議の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戦後50年国会決議
せんごごじゅうねんこっかいけつぎ

1995年6月,衆議院で採択された「歴史を教訓に平和への決意を新たにする決議」。第2次世界大戦後 50年にあたり,アジア諸国における侵略行為と植民地支配に対して明確な反省と謝罪を行い,平和・不戦への誓いを表示するというのが当初の社会党の主張であったが,遺族会などの意向を受けた自民党が反対。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戦後50年国会決議の関連キーワード議院国民の生活が第一両院再議決再考の府代議士会NIEO六十日ルール世界人権デー体育スポーツ国際憲章

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

戦後50年国会決議の関連情報