コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦略的投票行動 せんりゃくてきとうひょうこうどう

知恵蔵の解説

戦略的投票行動

自分の立場に最も近い政党・候補者の当選の確率が低い場合、次善の政党・候補者に投票すること。小選挙区制二大政党制をもたらすという有名なデュベルジェ法則があるが、その法則の背後には、「戦略的投票」の考え方がある。例えば、共産党の候補が自分の主張に最も近いとしよう。小選挙区でその候補が当選する確率が小さい場合、自民党候補を勝利させないために「戦略的」に次善の民主党の候補に投票することがある。反自民党票が民主党と共産党に分散されるとすれば、自民党が漁夫の利を得ることになる。

(蒲島郁夫 東京大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戦略的投票行動の関連情報