戦袍(読み)せんぽう

大辞林 第三版の解説

せんぽう【戦袍】

よろいの上に着る衣服。陣羽織の類。
戦闘の際に着る衣服。戎衣じゆうい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐ぽう ‥パウ【戦袍】

〘名〙
① 鎧(よろい)の上に着る上衣。陣羽織の類。
※日本外史(1827)二二「被葵号戦袍、上馬」
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉八「或は甲冑戦(センパウ)を着し且つ刀槍を携へし」
② 戦闘のときに着る衣服。甲冑(かっちゅう)や軍服の類。戎衣(じゅうい)
※王城の護衛者(1965)〈司馬遼太郎〉「拝領した帝の御衣を戦袍(センポウ)に仕立てなおし、鎧の下に着ていた」 〔本事詩‐情感〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の戦袍の言及

【甲冑】より

…明代においても,鎖状の鉄を編んだ鎖子甲で,現代のTシャツ風のものを着用し,鉄製の兜には頂上に棒状の突起がついている。清代の兜は銅製が多くみられ,鎧に代わって〈戦袍〉と言われる刺繡をした布に多量の銅片を縫いつけた和服のようなものがあった。 甲冑の極盛は宋代であり,その後はむしろ装飾の意味がだんだん強くなった。…

※「戦袍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android