戦袍(読み)せんぽう

大辞林 第三版の解説

せんぽう【戦袍】

よろいの上に着る衣服。陣羽織の類。
戦闘の際に着る衣服。戎衣じゆうい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐ぽう ‥パウ【戦袍】

〘名〙
① 鎧(よろい)の上に着る上衣。陣羽織の類。
※日本外史(1827)二二「被葵号戦袍、上馬」
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉八「或は甲冑戦(センパウ)を着し且つ刀槍を携へし」
② 戦闘のときに着る衣服。甲冑(かっちゅう)や軍服の類。戎衣(じゅうい)
※王城の護衛者(1965)〈司馬遼太郎〉「拝領した帝の御衣を戦袍(センポウ)に仕立てなおし、鎧の下に着ていた」 〔本事詩‐情感〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の戦袍の言及

【甲冑】より

…明代においても,鎖状の鉄を編んだ鎖子甲で,現代のTシャツ風のものを着用し,鉄製の兜には頂上に棒状の突起がついている。清代の兜は銅製が多くみられ,鎧に代わって〈戦袍〉と言われる刺繡をした布に多量の銅片を縫いつけた和服のようなものがあった。 甲冑の極盛は宋代であり,その後はむしろ装飾の意味がだんだん強くなった。…

※「戦袍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android