コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦袍 せんぽう

大辞林 第三版の解説

せんぽう【戦袍】

よろいの上に着る衣服。陣羽織の類。
戦闘の際に着る衣服。戎衣じゆうい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の戦袍の言及

【甲冑】より

…明代においても,鎖状の鉄を編んだ鎖子甲で,現代のTシャツ風のものを着用し,鉄製の兜には頂上に棒状の突起がついている。清代の兜は銅製が多くみられ,鎧に代わって〈戦袍〉と言われる刺繡をした布に多量の銅片を縫いつけた和服のようなものがあった。 甲冑の極盛は宋代であり,その後はむしろ装飾の意味がだんだん強くなった。…

※「戦袍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

戦袍の関連キーワード佐々 友房佐々友房田岡嶺雲陣羽織保呂戎衣衣服

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android