コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸田康光 とだ やすみつ

2件 の用語解説(戸田康光の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸田康光 とだ-やすみつ

?-1547 戦国時代の武将。
真喜姫(まきひめ)の父。三河(愛知県)田原城主。天文(てんぶん)16年人質として今川義元のもとにおくられる松平竹千代(徳川家康)を途中でうばい,尾張(おわり)(愛知県)の織田信秀(のぶひで)にひきわたしたため今川軍の攻撃をうけ,同年9月田原城で討ち死にした。通称は孫四郎。名は宗光とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

戸田康光

没年:天文16.9(1547)
生年:生年不詳
戦国時代の武将。三河田原城主戸田政光の子。通称孫四郎,官途名は弾正少弼。名は宗光ともいった。祖父に当たる憲光のとき,戸田氏は今川氏に仕え,また康光の娘真喜姫が松平広忠の後妻に迎えられるなど,松平氏とは近い関係にあった。しかし次第に尾張の織田信秀に接近しはじめ,天文16(1547)年8月には,今川義元のもとに送られるはずだった松平竹千代(家康)一行をあざむいて織田信秀のもとに届け,織田方としての旗幟を鮮明にした。その結果,同年今川の大軍に田原城を攻められ,子尭光と共に討死した。

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戸田康光の関連キーワード戸田勝則戸田重貞戸田尊次戸田忠次戸田光定戸田宗光南部政光本多広孝牧野貞成牧野信成(1)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone