コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸田海一 とだ・かいち

1件 の用語解説(戸田海一の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

戸田海一

没年:大正13.3.5(1924)
生年:明治4.5.8(1871.6.25)
明治大正期の経済学者。経済政策論の導入期において,公正競争と生存権確保を目標とし,実態調査に基づいた独自の日本経済政策論を確立した。広島県豊田郡豊田村の農家の3男。高橋琢也の書生。東京専修学校(専修大学)理財科から東京帝国大学法科大学,選科に入学,政治学科を卒業。四高教授となり同僚西田幾多郎と交流。共同体と個人の調和を説く。明治34(1901)年京都帝国大学法科大学に転じ経済学第2講座(経済政策)を担当。病弱であったが,工場法,証券取引関係法などの確立に貢献。河上肇,河田嗣郎,本庄栄治郎らを育て関一を大阪市助役に推薦するなど産業,行政,大学の交流を進め「経済学の学究的パラダイス」(福田徳三の評言)を実現した。<参考文献>京都大学経済学部調査資料室編・細川元雄解説「戸田海一著作目録」(『調査資料室報』7号)

(池上惇)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戸田海一の関連キーワード和田垣謙三カルドア戸田海市食料経済学尾上久雄加藤寛河津暹熊谷尚夫館竜一郎横山正彦

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone