所の衆(読み)トコロノシュウ

大辞林 第三版の解説

ところのしゅう【所の衆】

蔵人くろうど所に属して雑事を行うもの。六位のものが補せられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ところ【所】 の 衆(しゅう・しゅ)

蔵人所(くろうどどころ)に属して雑事を勤めた者。五位、六位の者から選ばれ、職務上必要な場合のほかは昇殿を許されなかった。古くは定員二〇人。このうち有官は一人。
※枕(10C終)二三七「斎院の垣下(ゑが)にまゐりける殿上人、所のしゅう、弁、少納言など」
② その土地の人々。
※歌舞伎・隅田川続俤(法界坊)(1784)二「駕籠を持って迎ひに参りませう、暫くの間、処の衆にお預けなされて下されませ」

ところ【所】 の 衆(す)

※宇津保(970‐999頃)国譲下「しりには宮のくら人、ところのすぞつかうまつる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android