コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

垣下 エガ

デジタル大辞泉の解説

え‐が〔ヱ‐〕【垣下】

えんが」の撥音の無表記。
「君達(きんだち)の、斎院の―にとて、日の装束(さうぞく)うるはしうして」〈・二二二〉

えん‐が〔ヱン‐〕【垣下】

《「えんか」とも》
平安時代、朝廷公卿などの恒例・臨時の行事の供応の席に伺候した、正客以外の相伴の人。えが。かいもと。かいのもと。
垣下の舞」の略。
垣下の座」の略。

かい‐もと【垣下】

《「かきもと」の音変化》饗宴(きょうえん)のとき、正客以外の相伴(しょうばん)の人。また、その座。えんが。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えが【垣下】

えんが【垣下】

朝廷または貴族の屋敷で催される饗宴きようえんのとき、正客の相伴しようばんをする人。えが。かいもと。接伴。 「 -の親王たち・上達部/源氏 宿木
「垣下の座」の略。 「多くの人、-におはす/宇津保 俊蔭
「垣下の舞」の略。 「殿上人-して唐人の遊びの如く/今鏡 藤波下

かいもと【垣下】

〔「かきもと」の転〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

垣下の関連キーワード久米歌殿上人垣下饗疼く揺る

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android