コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隅田川続俤 スミダガワゴニチノオモカゲ

デジタル大辞泉の解説

すみだがわごにちのおもかげ〔すみだがはゴニチのおもかげ〕【隅田川続俤】

歌舞伎狂言。世話物。4幕。奈河七五三助(なかわしめすけ)作。天明4年(1784)大坂角の芝居初演。破戒僧法界坊のこっけいな小悪党ぶりを描く。終幕は常磐津(ときわず)舞踊「双面(ふたおもて)」として独立。通称「法界坊」。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すみだがわごにちのおもかげ【隅田川続俤】

歌舞伎狂言。世話物。4幕7場。作者は奈河七五三助(ながわしめすけ)。初演は1784年(天明4)5月大坂藤川菊松座(角の芝居)。別名題《振袖隅田川》《鐘淵劇故事(かねがふちかぶきのふるごと)》。通称《法界坊》。演者は道具屋甚三を2世藤川八蔵,同女房おさくを2世山下金八,永楽屋権左衛門を3世今村七三郎,野分姫を嵐村次郎,山崎屋勘十郎を2世中村治郎三,永楽屋手代を三枡松五郎,同手代要助を染松七三郎,同娘お組を初世芳沢いろは,法界坊と浅山主膳を4世市川団蔵

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

隅田川続俤
すみだがわごにちのおもかげ

歌舞伎(かぶき)脚本。世話物。四幕。奈河七五三助(なかわしめすけ)作。通称「法界坊」。1784年(天明4)5月大坂角(かど)の芝居初演。江戸市井に多くみられた釣鐘建立の乞食(こじき)坊主の風俗を写した滑稽(こっけい)な破戒僧法界坊を、「隅田川物」の世界のなかで活躍させた作で、初世中村仲蔵が1775年(安永4)に『色模様青柳曽我(いろもようあおやぎそが)』で演じた大日坊の役を、4世市川団蔵のため喜劇的に書き直したもの。堕落坊主法界坊は永楽屋の娘おくみに横恋慕して執拗(しつよう)に追い回し、悪代官の手先となり、番頭長九郎と組んで、恋敵の手代要助、実は吉田の松若を陥れようとするが、かえって吉田の旧臣道具屋甚三(じんざ)に痛めつけられ、その後、松若の許嫁(いいなずけ)野分姫(のわけひめ)にも懸想したすえ、意に従わぬ姫を殺し、自分も甚三に殺される。松若・おくみが荵(しのぶ)売りに身をやつして隅田川まで落ちてくると、法界坊と野分姫の霊が合体して、おくみとそっくりの姿で現れ、2人を悩ますが、観音像の威力で退散する。序幕「料亭大七(だいしち)入口・同奥座敷・三囲合羽干場(みめぐりかっぱほしば)」、二幕目「三囲土手」、大切(おおぎり)「隅田川渡船」(舞踊「双面(ふたおもて)」)の三幕五場が今日定型化した台本で、妄執に近い法界坊の滑稽味を巧みに描いた歌舞伎喜劇の傑作。大切「双面」は舞踊劇の重要系列で、常磐津(ときわず)の名曲『双面水照月(みずにてるつき)』のほか、清元(きよもと)に『双面荵姿絵(しのぶすがたえ)』がある。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の隅田川続俤の言及

【双面】より

…1775年(安永4)1月江戸中村座上演《色模様青柳曾我》の二番目大切《垣衣恋写絵(しのぶぐさこいのうつしえ)》が原曲で,初世中村仲蔵が主役の大日坊を踊った。このとき同座した4世市川団蔵が1784年(天明4)5月大坂藤川菊松座(角の芝居)で《隅田川続俤(すみだがわごにちのおもかげ)》の法界坊に主役を変えて上演。さらに1798年(寛政10)9月江戸森田座で,二番目《振袖隅田川》の大切に増補再演。…

※「隅田川続俤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

隅田川続俤の関連キーワード奈河七五三助(初代)早瀬栄之丞中村梅雀隅田川物ど根性歪める梅若応え穎玄

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

隅田川続俤の関連情報