コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手が入る テガハイル

デジタル大辞泉の解説

手(て)が入(はい)・る

逮捕や取り締まりのために警察などが介入する。「検察の―・る」
製作の過程などで、他人が補ったり直したりする。「作文に先生の―・る」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てがはいる【手が入る】

捜査や逮捕のために警察官などがはいってくる。捜査が始まる。
加筆・訂正がなされる。 「この作文には親の-・っている」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

手が入るの関連キーワード黒髪(地唄、長唄)生殖補助医療相撲甚句里地里山自検断大島節二窓法DL検察入る里山里海捜査

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手が入るの関連情報