コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手に掛ける テニカケル

デジタル大辞泉の解説

手(て)に掛(か)・ける

自分で直接行う。「自分が―・けた仕事」
自分で世話をする。手塩にかける。「盆栽を―・けて育てる」
人に処理などをたのむ。「医者の―・けることなく治る」
自分の手で人を殺す。「(かたき)を―・ける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てにかける【手に掛ける】

世話をする。育て上げる。 「 - ・けた牛をせり市に出す」
自らの手で殺す。 「息子をわが-・ける」
自分で、思うように事を運ぶ。 「 - ・くる物にしあらば藤の花松よりこゆる色を見ましや/源氏 竹河

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

手に掛けるの関連キーワード掛けるせり市手塩人手数珠

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手に掛けるの関連情報