コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手塩 テシオ

デジタル大辞泉の解説

て‐しお〔‐しほ〕【手塩】

昔、食膳(しょくぜん)に添え、適宜に用いた塩。
手塩皿(てしおざら)」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てしお【手塩】

それぞれの食膳に備えた少量の塩。古く、食膳の不浄を払うために、小皿に盛って添えたという。
「手塩皿ざら」の略。
手ずから世話をすること。 「他人の-に育てられ/歌舞伎・心謎解色糸」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

手塩の関連キーワードセル(George Szell)ゴールドウィンホーチミン廟梅村 清明田村 魚菜手に掛ける心謎解色糸即席料理掛ける深名線御手塩手塩皿食膳食器豆皿

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手塩の関連情報