手回しオルガン(読み)テマワシオルガン

デジタル大辞泉の解説

てまわし‐オルガン〔てまはし‐〕【手回しオルガン】

ハンドルを手で回して演奏する小型のオルガン。仕組みはオルゴールに似ており、ピンをつけたシリンダーを回転させると、ピンが鍵盤(けんばん)を押さえて音が出る。手回し風琴。街角で大道音楽師が使うことから、ストリートオルガンともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てまわしオルガン【手回しオルガン】

手でハンドルを回して自動演奏する小型のオルガン。木製の円筒の表面にピンを立て、その回転でオルガンの鍵けんを押さえて音を出す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手回しオルガンの関連情報