コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手塩皿 テシオザラ

デジタル大辞泉の解説

てしお‐ざら〔てしほ‐〕【手塩皿】

《もと、食膳の不浄を払うために小に塩を盛ったことから》小さい浅い皿。おてしょ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てしおざら【手塩皿】

手塩を盛った小さな皿。
香の物などを盛る、ごく小さく浅い皿。おてしょ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

てしおざら【手塩皿】

香の物などを盛る小さく浅い皿。◇手塩に用いたことから。手塩は、古くは食膳の不浄を払う意味で、また好みで用いるために小皿に少量の塩を盛ってそれぞれの食膳に添えたもの。「おてしょ」ともいう。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

手塩皿の関連キーワード即席料理御手塩香の物豆皿

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android