コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手実法 しゅじつほうShou-shi-fa; Shou-shih-fa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手実法
しゅじつほう
Shou-shi-fa; Shou-shih-fa

中国,徴税などのための財産調べの一種。唐代には,里正が毎年末,戸主にその一家の姓名,年齢,田産の数などを申告させ,この申告書を基礎にして民政に必要な帳簿をつくった。宋代にも神宗の煕寧7 (1074) 年,呂恵卿によって行われた。この法は,まず官が物価を定め,これに基づき郷民にその所有の資産の価格を申告させ,その多寡に応じて公課を負担させた。虚偽の申告をする者には第三者密告を許したので,種々の物議をかもし,まもなく廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

手実法の関連キーワード王安石の新法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android