コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公課 コウカ

デジタル大辞泉の解説

こう‐か〔‐クワ〕【公課】

国や地方公共団体が国民に税金を課すこと。また、その税金。「固定資産公課証明書」
国税地方税以外に、国や地方公共団体が徴収する金銭。加算金・延滞金罰金過料社会保険料など。「公租―」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

公課
こうか

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の公課の言及

【課役】より

…中国,隋・唐時代の成文法典《律令》に定められた公課の呼称。〈かやく〉ともいう。…

【官田】より

…唐中葉,8世紀半ばの両税法施行以来,民間の私的土地所有権がこれまでになく法的に明確なものとなり,〈税〉と称される土地税の徴収率自体も比較的低い水準に抑制されるようになった。他方,中央集権制の強化にともなう官僚機構の膨張,周辺諸民族の自立化の発展にともなう防衛体制の強化が必要になると,王朝国家は,莫大な財源をまかなうため専売制度を整備するほか,国家の直接所有地を設定し,小作料としての性格をもつ高率の公課を徴収するようになった。この公課は宋代までは〈租〉と呼ばれた。…

【公租公課】より

…国や地方公共団体の徴収する租税を公租と呼び,それ以外のいろいろな公共的な性格を有する金銭的な負担を公課と呼ぶ。公課も租税に類似する強制性を伴い,そのため両者はしばしば一括して扱われる。…

※「公課」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

公課の関連キーワード販売費および一般管理費地代家賃増減請求権事情変更の原則インムニテート付加価値分配率児童手当制度可処分所得国税徴収法労働分配率形態別分類損益通算滞納処分強制管理農家経済収入印紙租税公課付加価値手実法与田保永小作

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android