コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手数入り でずいり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手数入り
でずいり

横綱土俵入りの称。 1937年頃から吉田司家の口伝と称する言葉で,神前手数入り,地固め手数入り,婚姻手数入り,お田植え手数入り,お産手数入り,出陣・帰陣の手数入り,方屋手数入りなど,いろいろあったが,方屋手数入りがいわゆる横綱土俵入りのこと。塵手数 (ちりちょうず) ,三段構え,四股 (しこ) からなり,雲龍型と不知火 (しらぬい) 型がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

でずいり【手数入り】

横綱土俵入りの俗称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

手数入りの関連キーワード露払い雲竜俗称綱代

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android