手習い塾(読み)てならいじゅく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文字の書き方を教える所。手習い所ともいう。庶民初等教育の機関。寺子屋一種で,江戸などでは幼童筆学所,手跡指南などの看板を掲げ,教師は手習師匠と呼ばれた。師匠は幕臣・藩士・浪人書家・医者・神主僧侶町人などや,女性の場合もあった。子供の教育に対する親の熱意が高まった 19世紀には都市のみならず,農村にも寺子屋が普及している。江戸では幕府のひざ元ということから,教育の方法に関する規制も行なわれたが,地方では花見などにそろいの浴衣 (ゆかた) で見物に出かける師匠もあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android