コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手習ふ テナラウ

2件 の用語解説(手習ふの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

て‐なら・う〔‐ならふ〕【手習ふ】

[動ハ四]
字を書く練習をする。習字をする。
「この二歌は…―・ふ人のはじめにもしける」〈古今・仮名序〉
心に浮かぶ古歌などを無造作に書き記す。
「木幡の里に馬はあれどなど、あやしき硯召し出でて、―・ひ給ふ」〈・浮舟〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てならう【手習ふ】

( 動四 )
習字をする。字を書くことを習う。 「 - ・ふ人の、はじめにもしける/古今 仮名序
慰みに、歌などを無造作に書く。 「あやしき硯召し出でて-・ひ給ふ/源氏 浮舟
学問・稽古などをする。 「これより-・ふはじめ/浮世草子・永代蔵 1

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手習ふの関連キーワード鉛槧算筆枕腕二別バッティングケージ嗽ふ懸腕作文・小論文対打キックミット

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone