コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手習ふ テナラウ

デジタル大辞泉の解説

て‐なら・う〔‐ならふ〕【手習ふ】

[動ハ四]
字を書く練習をする。習字をする。
「この二歌は…―・ふ人のはじめにもしける」〈古今・仮名序〉
心に浮かぶ古歌などを無造作に書き記す。
「木幡の里に馬はあれどなど、あやしき硯召し出でて、―・ひ給ふ」〈・浮舟〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てならう【手習ふ】

( 動四 )
習字をする。字を書くことを習う。 「 - ・ふ人の、はじめにもしける/古今 仮名序
慰みに、歌などを無造作に書く。 「あやしき硯召し出でて-・ひ給ふ/源氏 浮舟
学問・稽古などをする。 「これより-・ふはじめ/浮世草子・永代蔵 1

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報