コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手越の少将 たごしのしょうしょう

朝日日本歴史人物事典の解説

手越の少将

生年:生没年不詳
平安末・鎌倉初期の駿河国(静岡県)手腰宿の遊女大磯の虎,黄瀬川の亀鶴とならぶ海道一の遊女といわれる。建久4(1193)年5月の源頼朝の富士野の巻狩のときに,工藤祐経,王藤内に招かれた遊女で,『吾妻鏡』にもその名がみえる。少将は工藤祐経の愛人となり,祐経が曾我兄弟に討たれたのちは,「生死無常のはかなき事」を感じ,身の罪深さを悟り,出家した。虎と少将はふたりで善光寺に赴き,のち虎と共に大磯の高麗寺に入る。70歳ほどで他界したという。

(飯沼賢司)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

手越の少将の関連キーワード曾我兄弟の母

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android