コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巻狩 まきがり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巻狩
まきがり

共同狩猟形態の一つ。狩場四方から取囲み,中の獲物を追込んで捕える狩り。武士階級の台頭した鎌倉時代から遊猟を兼ねた練武の方法として盛んになったもので,源頼朝那須野富士裾野における巻狩は有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

まき‐がり【巻(き)狩(り)】

狩り場を四方から囲み、その中に獣を追い込んで捕らえる狩りの方法。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

巻狩【まきがり】

狩場を多人数で包囲し,獣を中に追い詰めて射取る大規模な狩猟法。長野県諏訪神社や熊本県阿蘇神社には祭儀としての巻狩が残るので,本来は山の神の意思をうかがうための神事であったとみられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まきがり【巻狩】

野獣を多数の人が協力して包囲し,〈とりまく〉ことによって捕獲することからの呼称。組織的で多人数を動員し多額の経費を要するので,古くは一国の大社の祭儀もしくは将軍・諸大名のような権力者が催す狩猟法であった。富士の巻狩は源頼朝が将軍の権力によって,下野那須野,上野三原,富士山麓で催したうちの一つであるが,偶然曾我兄弟の仇討が行われたので有名になった。巻狩の本来の目的は山の神の意志をうかがうための一種の祭儀の意味をもったらしい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の巻狩の言及

【クマ(熊)】より

…山中で人に向かってくるのをやりで突くと熊がつかんで引き寄せるためみずから深く貫いて倒れるとも伝える。近世後期には銃が普及して,包囲した勢子が声をかけつつ山頂に待つ銃手の前に追い込んで射撃させる〈巻狩り〉がくふうされ,今日まで応用されている。これは地形を利用するから場所がほぼ一定し,巻倉などという地名となっている場合もある。…

【シカ(鹿)】より

…そして鹿踊が鎮魂の意味で興行されたらしいことは,空也らの聖(ひじり)が鹿の角をつけた杖をもち鹿の皮ごろもをまとう装束をしていたこととかかわるように思われる。 鹿は農作物を荒らす害獣でもあったので,その防除は領主にとっても重要であり,その駆除のための大規模な巻狩は,それが戦闘武技の訓練ともなったので,近世まで武家の行事となっていた場合もまれでない。その獲物は武具の一部ともなったのである。…

【勢子】より

…狩猟に際して野獣を追い出したり包囲して一方に誘導する人々をさす言葉。勢子を多数用いて野獣をとりまき捕獲する猟法を一般に巻狩と呼ぶ。近世・中世に領主が多数の農民を使役した巻狩では,勢子は数百人を超えることがまれではなかった。…

※「巻狩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

巻狩の関連キーワード川島甚兵衛(2代)征夷大将軍守住 勇魚スギ(杉)手越の少将ダルハン曾我祐成仁田忠常北条政子小袖曽我曾我祐信曾我時致新田義重河津祐泰工藤祐経草津温泉工藤景光小袖曾我里見義成朝霧高原

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

巻狩の関連情報