打乱の箱(読み)うちみだりのはこ

精選版 日本国語大辞典の解説

うちみだり【打乱】 の 箱(はこ)

① 宮殿の調度の箱の一種。広蓋(ひろぶた)のような木製の箱。古くはふたがあって、櫛笥(くしげ)に添え、手拭入れとして用いた。のちには髪上げの具、髢(かもじ)などを入れるのに用いた。うちみだり。うちみだれ。うちみだればこ。〔十巻本和名抄(934頃)〕
② 衣服、所持品などを仮に入れておく、漆塗り、編み竹などの、ふたのない箱。乱れ箱

うちみだれ【打乱】 の 箱(はこ)

※源氏(1001‐14頃)絵合御櫛の箱、うちみたれのはこ、香壺の箱ども」
※風俗画報‐三九号(1892)人事門「婦は打乱(ウチミダレ)の箱を櫛巾(くしふき)に包み持ち出て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android