コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打它公軌(読み)うつだ(うった うた うた) きんのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

打它公軌 うちだ-きんのり

?-1647 江戸時代前期の歌人。
打它宗貞の子。家は越前(えちぜん)(福井県)敦賀(つるが)の豪商。家業をつがずに京都に出,鳴滝妙光寺を再興し驚月庵をむすぶ。歌を木下長嘯子(ちょうしょうし)にまなび,師の「挙白集」を編集した。正保(しょうほ)4年3月14日死去。通称は糸屋十右衛門。号は良亭。姓は「うだ」「うつだ」ともよむ。家集に「驚月集」。

打它公軌 うだ-きんのり

うちだ-きんのり

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android