コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挙白集 きょはくしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

挙白集
きょはくしゅう

江戸時代前期の歌文集。木下長嘯子 (ちょうしょうし) 作。門弟公軌ら編。 10巻8冊。慶安2 (1649) 年刊。歌集5巻 1775首,文集5巻から成る。清新自由な長嘯子の文学を知るうえで貴重な書。本書を論難した『難挙白集』 (50) ,弁護した『挙白心評』 (50以後) などが出た。冷泉為景蔵の異本 (写本) があり,刊本とは歌文ともに出入りがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょはくしゅう【挙白集】

江戸初期の歌文集。木下勝俊(木下長嘯子)詠,打它公軌(うつだきんのり)・景軌・山本春正編。1649年(慶安2)刊。10巻8冊。彰考館本写本(別本)は乾坤2巻。前半5巻は1775首を収載する部立の歌集。後半5巻は58編より成る文集。二条派の伝統的な歌風隆盛の当時にあって,本書は歌材・用語ともにまったく異なる清新な歌風を示して歌壇に異彩を放った。ために刊行の翌年には《難挙白集》が出版されたのをはじめ,多くの反響をよんだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

挙白集
きょはくしゅう

木下長嘯子(ちょうしょうし)の歌文集。1649年(慶安2)刊の刊本のほか、編成の異なる写本がある。刊本は、門弟打它公軌(うつたきんのり)・景軌父子が整理したものを山本春正が編集したもので、前半5巻が歌集、後半5巻が文集。文集には「山家記」以下58編の文章を収めるが、なかでも娘の夭折(ようせつ)を悼む「うなゐ松」は雄編。なお本書の刊行後、保守派の松永貞徳一派から尋旧坊の名で論難書『難挙白集』(1650刊)が出版され、これに対し、長嘯子を弁護する立場から『挙白心評』(1651ころ刊)が著されるなどの反響を呼び起こした。[嶋中道則]
『藤井乙男著『校註挙白集』(1930・文献書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

挙白集の関連キーワード山本春正(初代)山本春正(5代)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android