コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打越樸斎 うちこし ぼくさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

打越樸斎 うちこし-ぼくさい

1686-1740 江戸時代中期の儒者。
貞享(じょうきょう)3年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩主徳川光圀(みつくに)にみとめられ,14歳で彰考館にはいり,三宅観瀾(かんらん)にまなぶ。「大日本史編修にたずさわる。享保(きょうほう)12年彰考館総裁。元文5年8月5日死去。55歳。本姓は米川。名は直正。字(あざな)は子中。通称は弥八。姓は「うちごえ」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

打越樸斎の関連キーワードフリードリヒ(2世)(プロイセン国王)形而上学叙説井原西鶴小田原藩ビジャープール王国吉田半兵衛本居宣長(国学者、神道学者)江戸時代(年表)マリア・テレジア市川団蔵

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android