打開(読み)うちひらく

精選版 日本国語大辞典「打開」の解説

うち‐ひら・く【打開】

[1] 〘自カ四〙 (「うち」は接頭語) 大きく開く。広々とする。
※四河入海(17C前)三「渺々としたる処の、うちひらいたるなりを作たぞ」
※大道無門(1926)〈里見弴〉遠雷「うち開(ヒラ)いた高台の〈略〉青空は」
[2] 〘他カ四〙
① (「うち」は接頭語) 刀などを体の前方から横、または後ろへ動かす。
※義経記(室町中か)三「うちひらく太刀にて築地の腹に切先立てて」
② 打ち破って開く。
※天草本平家(1592)三「ヒト ノ クラ ヲバ vchifiraite(ウチヒライテ) モノヲ トリ」
③ 山野を田畑や道などにする。〔日葡辞書(1603‐04)〕
④ (「うち」は接頭語) 閉じていたものを広く開ける。
※浄瑠璃・国性爺合戦(1715)二「中に一つの大蛤日かげに口を打ひらき」
[3] 〘自カ下二〙 ⇒うちひらける(打開)

うち‐ひら・ける【打開】

〘自カ下一〙 うちひら・く 〘自カ下二〙 (「うち」は接頭語)
① さえぎるものがなく視界が広がる。
※文明開化(1873‐74)〈加藤祐一〉初「三方が打ひらけて」
② 心が晴れやかになる。
※滑稽本・古朽木(1780)五「姫君は打(ウチ)ひらけたる御心地」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android