コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扞止堤 かんしていdam

翻訳|dam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

扞止堤
かんしてい
dam

鉱山で堆積された捨石鉱滓などが,崩壊したり流出したりするのを防止するために設けられる堤状の構築物。普通鉱滓ダム,あるいは単にダムと呼んでいる。選鉱場,砕鉱場,精錬場などから排出される捨石,鉱滓,沈殿物などは,擁壁,扞止堤,排水施設などをもつ堆積場に堆積することが法律によって義務づけられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんしてい【扞止堤 tailing dam】

スラリー(粒子懸濁液)を堆積し,脱水させるためのダムで,テーリングダムとも呼ばれる。鉱山で選鉱廃滓を処理するため広く用いられている。選鉱工場では,鉱石を単体分離して浮選(浮遊選鉱)などの選別操作を行うために,鉱石は74μm以下のものが70~95%程度になるまで細かく粉砕され,有用鉱物が分離回収されたのちに,大量の廃滓が生成される。この廃滓は廃石または尾鉱tailingと呼ばれる。廃石のうち,粗粒部は坑内充てん(塡)材などとして利用される場合が多く,残りは扞止堤に堆積される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android