コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扶箕 ふきfu-ji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

扶箕
ふき
fu-ji

一般には,「フーチー」と読み,扶けい (ふけい) ,扶鸞 (ふらん) ともいう。中国の占いの一種。天井からつるしたあるいは占い師が手にした筆が,神がかりによって自然に動きだし,砂の上に文字を書くので,それを読んで物事の吉凶や将来を占う法である。中国の道教教団によくみられる行為で,陶弘景編の『真誥』の原本はそれによって書かれたともいわれ,近代秘密結社一貫道もそれを用いた。日本の「コックリさん」に似ている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の扶箕の言及

【扶乩】より

…正月の15日に,厠神(かわやがみ)である紫姑神の神像を杓子,笊(ざる),箕で作り,神降しを行って神意を問う紫姑占いも扶乩の一つである。扶乩はまた,扶箕(ふき),扶鸞(ふらん)とも呼ばれ,古くから道教経典の製作に当たって行われ,現在でも台湾,香港の寺廟で行われる。【砂山 稔】。…

【占い】より

…ポエはすでに六朝梁の《荆楚歳時記》に〈教〉としてみえており,唐代には〈杯珓(はいこう)〉と呼ばれて流行していたらしい。また,扶箕(フーチー)という日本のこっくりさんに似た占いも,いまなお廟で行われている。人相・骨相もすでに戦国時代の《荀子》非相篇に〈いにしえには姑布(こふ)子卿あり,今の世には梁に唐挙あり,人の形状顔色を相(うらな)いてその吉凶妖祥(ようしよう)を知る〉とみえるから,その起源は古い。…

※「扶箕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

扶箕の関連キーワード道教/道教の神々扶乩

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android