一貫道(読み)いっかんどう(英語表記)Yi-guan-dao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一貫道
いっかんどう
Yi-guan-dao

中国の宗教的秘密結社。その名称は,『論語』の「吾が道は一もって之を貫く」に由来し,儒仏道三教を一貫する理を掲げようとし,キリスト教イスラム教も取入れて,五教帰一を説いた。 19世紀末ごろ,路中一が創設老子を道祖とし,15代の祖師王覚一のもとに 1880年代に発展し,18代張天然が河北山東から揚子江流域一帯にまで教勢を拡大した。教義は,いまや世界は末法であり,やがて終末の大災難が到来すると予言する「三期末劫」の考えを中心とし,その劫を救ってくれる神仏の出現を望んだ。反共主義に立ち,反共ゲリラとして活躍したので,1950年頃から激しく弾圧され,次第に活動は衰退した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いっかんどう【一貫道 Yī guàn dào】

現代中国の宗教的秘密結社。19世紀末ごろ,山東省済寧県で路中一(1921没)が創設し,その弟子の張天然(1947没)が後をついで発展させた。その教義は,儒・仏・道教のほかにキリスト教,イスラムをもあわせた五教帰一をとなえ,天地開闢いらいの青陽・紅陽・白陽三期それぞれの末期に大破壊がおこるが,一貫道教を信ずる者だけは最高神である無生老母によって救われるとする。中華人民共和国では反動的宗教として弾圧された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android