コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

承俊 しょうしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

承俊 しょうしゅん

?-906* 平安時代前期-中期の僧。
真言宗。興福寺で出家し,のち東大寺で法相(ほっそう),唯識(ゆいしき),密教をまなぶ。威儀師,大威儀師をへて,律師となる。昌泰(しょうたい)3年醍醐(だいご)天皇が生母藤原胤子(いんし)の追善のため勧修(かじゅう)寺を建立したとき,開山(かいさん)にまねかれた。延喜(えんぎ)5年12月7日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

承俊の関連キーワード勧修寺真言宗済高

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android