コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

承俊 しょうしゅん

1件 の用語解説(承俊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

承俊 しょうしゅん

?-906* 平安時代前期-中期の僧。
真言宗。興福寺で出家し,のち東大寺で法相(ほっそう),唯識(ゆいしき),密教をまなぶ。威儀師,大威儀師をへて,律師となる。昌泰(しょうたい)3年醍醐(だいご)天皇が生母藤原胤子(いんし)の追善のため勧修(かじゅう)寺を建立したとき,開山(かいさん)にまねかれた。延喜(えんぎ)5年12月7日死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

承俊の関連キーワード胡蝶楽ベナン益信遺産分割分割相続重明親王増命素性藤原敦忠藤原淑子

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

承俊の関連情報