承徳避暑山荘(読み)しょうとくひしょさんそう(英語表記)Chengde Bishu Shanzhuang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

承徳避暑山荘
しょうとくひしょさんそう
Chengde Bishu Shanzhuang

中国,ホーペイ(河北)省チョントー(承徳)特別市(旧称熱河)にある清朝の離宮。康煕帝が康煕42(1703)年頃から造営し始め,康煕47(1708)年に完成,その後乾隆帝が増築した。面積 564万km2,建物 110余。広大な敷地は自然の地形を利用し,東南の池の多い平地部分に素木の宮殿群が展開,北の高い山,中間の低い丘上に寺観が散在する(→外八廟)。山荘の背面には『苑地』や『四庫全書』を入れた文津閣がある。1994年世界遺産の文化遺産に登録された。(→中国建築

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android