コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

承胤法親王 しょういんほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

承胤法親王 しょういんほうしんのう

1317-1377 鎌倉-南北朝時代,後伏見天皇の第7皇子。
文保(ぶんぽ)元年生まれ。母は藤原守子。光聚院宮とよばれた。出家して梶井門跡(もんぜき)(三千院)をつぎ,康永3=興国5年以後3度にわたって天台座主(ざす)となる。その間,四天王寺別当をつとめた。永和3=天授3年4月9日死去。61歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

承胤法親王の関連キーワード南北朝時代後伏見天皇文保

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android