コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

技術革新産業 ぎじゅつかくしんさんぎょうtechnically innovating industry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

技術革新産業
ぎじゅつかくしんさんぎょう
technically innovating industry

第2次世界大戦後,革新技術によって生れた産業。具体的には電子工業石油化学工業 (合成樹脂合成繊維などを含む) ,原子力産業,ジェット航空機工業,コンピュータ機器工業,自動化・省力化機器工業などが含まれる。第2次世界大戦中,世界的に技術革新が進展したが,戦後,日本はその技術的空白を埋めるために急速に技術導入を行なった。電子材料におけるシリコン高分子化学におけるナイロンなど,おもに新素材を介しての技術の研究開発によるところも大きく,各産業の生産技術は発展,設備は近代化し,生産性の向上に貢献した。近年は新規需要の開拓などから製品への高付加価値化が進められ,非鉄金属の新素材への応用などの研究開発が進められている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

技術革新産業の関連キーワード水平分業鉄鋼業資源

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

技術革新産業の関連情報