折込広告(読み)おりこみこうこく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

折込広告
おりこみこうこく

家庭などに配達される新聞の中に折り込まれる広告。折り込みちらし,または単にちらし(→引札)ともいう。配達地域は新聞販売店の管轄ごととなるため,特定地域に直接的かつ重点的に情報を伝達することができる。同時に新聞購読者の年齢などの属性特性に合わせた出稿も可能である。広告主はおもにスーパーマーケット,一般小売店,百貨店,不動産業者など,地域に密着した業種が占める。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

折込広告
おりこみこうこく

戸別配達される新聞に折り込まれて家庭や職場に配布される広告印刷物。小売店、スーパー、デパート、不動産、各業種の広告主が特定地域を重点的にねらうローカル・メディアとして利用している。正確には新聞折込広告というべきであろう。普通は広告主が新聞販売店へ印刷物を持参し、配布区域、枚数などを示して料金を払い込む。この手数料は新聞販売店の収入源となるので、日本新聞協会では「新聞折込広告基準」を制定して、形状、紙質、大きさなどについて規制している。折込広告は、広告する地域や印刷物を折り込む新聞の種類を自由に選択できるだけでなく、実施スケジュールをも指定できるなど、比較的機動性に富む特性を備えている。折込広告は新聞の発生とともに始まり、新聞が一枚刷りのころは、新聞の付録として配布され、1904年(明治37)ごろは「挿(さし)広告」とよばれていた。22年(大正11)に制度として折込広告が確立され、専門に取り扱う広告会社が登場した。[島守光雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の折込広告の言及

【広告】より

…そのほか,(ロ)特定の対象へ直接郵送するDM(ダイレクト・メール)広告があり,これは宛名広告または指名広告ともいわれる。また特定の地域へ配布するものとして,新聞にはさみ込まれる折込広告や,チラシ広告などもある。さらに(ハ)販売促進の手段として使われる商業印刷物やカタログ,またカレンダー,手帳,タオルなどを使った贈物広告やノベルティ広告など,さまざまなものがある。…

【引札】より

…引札は,江戸では盛んだったが,京坂になるとずっと少なく,さらに三都以外になるときわめてまれで,一般化するのはだいたい明治以降である。配布方法は,江戸時代~明治時代には小僧や人足を使って配るのが普通で,現在のように新聞に折り込む〈折込広告〉になったのは,大正末ころからのことである。そしてこのころから引札の名称もちらし広告,略してちらしに定着した。…

※「折込広告」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android