コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抜き出づ ヌキイズ

デジタル大辞泉の解説

ぬき‐い・ず〔‐いづ〕【抜き出づ】

[動ダ下二]

㋐現れ出る。
「御寺のかたはら近き林に―・でたる筍(たかうな)」〈・横笛〉
㋑ひいでる。ぬきんでる。
「容貌のすぐれたるにも百千の中に―・でたると」〈色道大鏡・一〉

㋐抜いて出す。引き抜く。
「剣大刀(つるぎたち)鞘(さや)ゆ―・でて」〈・三二四〇〉
㋑選び出す。選抜する。
「すぐれたる限り―・で給ふめりしかば」〈増鏡・おどろの下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬきいず【抜き出づ】

( 動下二 )
現れ出る。姿を現す。 「林に-・でたる筍たこうな/源氏 横笛
秀でている。すぐれている。 「永手・百川とて-・でたる人々ありて/愚管 3
抜いて出す。抜き出す。 「剣大刀つるぎたち鞘ゆ-・でて伊香胡山いかごやまいかにか我がせむ行くへ知らずて/万葉集 3240

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android