コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押しかぶせ構造 おしかぶせこうぞうnappe structure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

押しかぶせ構造
おしかぶせこうぞう
nappe structure

押しかぶせ断層によって,離れた地域から横に移動した岩盤におおわれている大規模な地質構造。アルプス山脈の複雑な地質構造の主体になっている。強い横圧力によってゆるい断層面の上を本来の基盤でない岩盤が重なって山脈を形成するという学説を押しかぶせ説 nappe theoryという。横圧力によって地層が褶曲し,両翼の傾斜がほぼ等しい閉じた褶曲 (等斜褶曲) になるとともに,軸面が倒れて横臥褶曲となり,軸面とほぼ等しい断層面をもつ押しかぶせ断層が生じて,さらに上位の岩盤が横にずれるという構造発達過程が考えられる。この横臥褶曲と押しかぶせ断層を合せたものを押しかぶせ構造ということもある。押しかぶせ構造の地域が浸食によって,もとの岩盤と切り離され,断層面上に孤立しているものを根無地塊,断層面下の岩盤が顔を出しているものを地窓 Fensterという。アルプス山脈はいくつもの押しかぶせ地塊が重なって覆瓦状の構造がみられる。日本にもあるが,アルプス山脈にみられるような大規模で明瞭なものはない。 (→ナップ )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

押しかぶせ構造の関連キーワードデッケン構造ベルトラン高梁市ハイム川上

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android