コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押し靡ぶ/押し並ぶ オシナブ

デジタル大辞泉の解説

おし‐な・ぶ【押し×靡ぶ/押し並ぶ】

[動バ下二]
力を加えてなびかせる。
「婦負(めひ)の野のすすき―・べ降る雪に宿借る今日し悲しく思ほゆ」〈・四〇一六〉
すべて一様にする。
「軽々しう―・べたるさまにもてなすなるがいとほしきこと」〈・葵〉
(完了の助動詞「たり」を伴い、多く打消しに用いて)平凡である。普通である。
「中納言の君、中務などやうの―・べたらぬ若人どもに」〈・帚木〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

押し靡ぶ/押し並ぶの関連キーワード中納言宿借

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android