コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押川清 オシカワキヨシ

デジタル大辞泉の解説

おしかわ‐きよし〔おしかは‐〕【押川清】

[1881~1944]野球選手・球団社長。宮城の生まれ。春浪(しゅんろう)の弟。早大野球部で活躍。大正9年(1920)河野安通志(こうのあつし)らとともに日本初のプロ野球チーム、日本運動協会を創設。昭和12年(1937)には後楽園球場を建設し、新球団イーグルスの社長を務めた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

押川清 おしかわ-きよし

1881-1944 明治-昭和時代前期の野球人。
明治14年1月1日生まれ。押川方義(まさよし)の次男。押川春浪(しゅんろう)の弟。早大の強打の二塁手として活躍。卒業後,大正9年河野安通志(あつし)と日本初のプロ野球チーム日本運動協会を創立。昭和11年後楽園球場を建設し,翌年新球団イーグルスの社長に就任。34年最初の野球殿堂入りのひとりとなる。昭和19年3月18日死去。64歳。愛媛県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

押川清の関連キーワード押川 方義明治春浪押川

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android