コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押川方義 おしかわまさよし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

押川方義
おしかわまさよし

[生]嘉永2(1849).12.28.
[没]1928.3.10.
東北学院創設者。松山藩士橋本昌之の3男。押川は養家の姓。大学南校より横浜バラ塾に転じ,J.H.バラより受洗ブラウン塾に学び,日本基督公会設立に参画。 1875年新潟医療宣教師パームを助け,80年仙台で伝道を始める。日本基督公会仙台教会仙台神学校 (東北学院の前身) を創設し,東北伝道の基礎を固めた。しかし教会独立の理想は外国系ミッションとの対立を招き,1901年辞任。その後実業界,政界に進出しようとしたが志を得ず死去した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

押川方義 おしかわ-まさよし

1852*-1928 明治-大正時代の牧師,教育者。
嘉永(かえい)4年12月16日生まれ。押川春浪の父。大学南校でまなぶ。横浜で宣教師ブラウン,バラにあいキリスト教入信。明治5年日本基督(キリスト)公会を設立。新潟,東北地方で伝道活動をおこない,19年仙台神学校を創立。24年改称した東北学院の初代院長となる。大正6年衆議院議員(当選2回)。昭和3年1月10日死去。78歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。本姓は橋本。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

押川方義

没年:昭和3.1.10(1928)
生年:嘉永4.12.16(1852.1.7)
牧師,教育家のち実業家。松山(愛媛県)出身。押川家に入る。開成学校を経て横浜修文館で英学を学ぶうちにS. R.ブラウンらの影響を受けてキリスト教に入信。日本最初のプロテスタント教会,横浜海岸教会を禁令下に創立。その後,仙台教会,仙台神学校(のち東北学院と改名)などを創立し,牧会・教育に従事。明治34(1901)年,東北学院を辞したあと実業界に転じ鉱山採掘,油田開発を手掛けたが失敗,さらに政界に進出,衆院議員当選2回。最後はキリスト教から離れ儒教主義に傾いた。第1世代キリスト者の波乱に満ちた生涯であった。<参考文献>大塚栄三『聖雄押川方義』

(原誠)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おしかわまさよし【押川方義】

1851‐1928(嘉永4‐昭和3)
キリスト教伝道者,教育家。松山藩士,横浜バンドの一人。宣教医パームT.A.Palmの勧めで1876年(明治9)より新潟に伝道,80年より仙台に移り,宮城,函館に伝道して諸教会を設立した。86年合衆国改革派The Reformed Church in the USミッションの仙台神学校を設立,91年これを改組した東北学院の院長を1901年までつとめた。日本文化のアジア進出を考え,キリスト教界,政財界人の協力で1894年大日本海外教育会を興し,朝鮮に京城学堂を設立。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の押川方義の言及

【岩野泡鳴】より

…1887年,伝道師を志し大阪で洗礼を受けたが,翌年,警察官だった父の転住で上京,明治学院や専修学校(現,専修大学)に学んだ。このころから滝沢馬琴を耽読,国木田独歩らと《文壇》を出したりしたが,91年,キリスト教教育家の押川方義(おしかわまさよし)を慕って仙台に赴く。94年まで東北学院に在籍し,懐疑と煩悶を重ねることになったが,多様な読書体験とともにその思想形成に大きく影響した時期である。…

※「押川方義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

押川方義の関連キーワード島貫 兵太夫篠崎桂之助島貫兵太夫小川 義綏吉野作造大正時代相馬黒光岩野泡鳴教育者押川清養家

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android