コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野安通志 コウノアツシ

2件 の用語解説(河野安通志の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうの‐あつし〔かうの‐〕【河野安通志】

[1884~1946]野球選手・監督。石川の生まれ。早大の投手として活躍したのち、押川清(おしかわきよし)らとともに日本初のプロ野球チーム、日本運動協会を創設するなどプロ野球の発展に尽力。名古屋軍中日の前身)・イーグルスの総監督を務めた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野安通志 こうの-あつし

1884-1946 明治-昭和時代前期の野球選手,監督。
明治17年3月11日生まれ。早大の主戦投手となり,明治38年アメリカ遠征に参加。大正9年押川清らと日本初のプロ野球球団日本運動協会を創設。解散後は宝塚運動協会に所属。昭和4年早大野球部総監督となり,学生野球やプロ野球の発展につくした。昭和21年1月12日死去。63歳。36年野球殿堂入り。石川県出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

河野安通志の関連キーワードイタリア映画新日本文学戦争放棄栄典教員組合カストリ雑誌北朝鮮新教育世界(雑誌)井上馨

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone