河野安通志(読み)コウノアツシ

デジタル大辞泉の解説

こうの‐あつし〔かうの‐〕【河野安通志】

[1884~1946]野球選手・監督。石川の生まれ。早大の投手として活躍したのち、押川清(おしかわきよし)らとともに日本初のプロ野球チーム、日本運動協会を創設するなどプロ野球の発展に尽力。名古屋軍(中日の前身)・イーグルスの総監督を務めた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野安通志 こうの-あつし

1884-1946 明治-昭和時代前期の野球選手,監督。
明治17年3月11日生まれ。早大の主戦投手となり,明治38年アメリカ遠征に参加。大正9年押川清らと日本初のプロ野球球団日本運動協会を創設。解散後は宝塚運動協会に所属。昭和4年早大野球部総監督となり,学生野球やプロ野球の発展につくした。昭和21年1月12日死去。63歳。36年野球殿堂入り。石川県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

河野安通志の関連情報