押(し)湯(読み)オシユ

デジタル大辞泉の解説

おし‐ゆ【押(し)湯】

鋳物を作るときに、鋳型に余分に注入する溶融した金属。鋳物が冷却・凝固するときに全体が収縮したり、内部にすきまができたりするのを防ぐために行う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

押湯【おしゆ】

鋳物を鋳込むとき溶融金属は凝固時に収縮し,そのままでは鋳引けや収縮割れを生じる。これを防ぐため収縮分の溶融金属を補給すること,または凝固時の鋳物に適当な温度勾配(こうばい)をもたせる目的で,鋳型上部につくる湯だまりをいう。
→関連項目鋳型遠心鋳造

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おし‐ゆ【押湯】

〘名〙 鋳造で、鋳物の冷却および凝固の際に、鋳物が収縮したり内部に空隙ができたりするのを防ぐために、余分に溶融金属を補給すること。また、鋳型にあるそのための湯だまりの部分。押湯口

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の押(し)湯の言及

【鋳物】より

…揚りは,溶湯や鋳型から発生したガスや溶湯中に巻き込んだスラグを吐き出させるためのもので,堰の反対側に設ける。押湯は,溶湯が凝固収縮するので,その補給をし,鋳型内の溶湯に圧力を加えてガスを除き,鋳物に凝固収縮の際に生ずる巣やピンホールなどの欠陥ができるのを防ぐために設けられる。鋳物方案はまた,材質,鋳型,鋳造法の影響も考慮に入れる必要がある。…

※「押(し)湯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android