コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

担保掛(け)目 タンポカケメ

2件 の用語解説(担保掛(け)目の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たんぽ‐かけめ【担保掛(け)目】

担保物件の価格よりも低く評価する際の比率。金融機関が貸付を行う場合に徴求する担保物件や証券会社信用取引委託証拠金の代用として預かる有価証券の時価などに対して適用される。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

M&A用語集の解説

担保掛目

金融機関が貸し出しをする際、当該貸出の担保物件 (不動産や株式など) の価値を算定、この担保価値に一定の率 (例えば預金は100%、優良上場企業の株式は80%〜90%、不動産は80%まで等) を掛け、その額を上限に貸出することが多い。このパーセンテージを「担保掛目」といい、金融機関の融資の安全性確保の見地より古くから導入されている。ローントゥバリュー (Loan to Value) ともいう。

出典|株式会社ストライク
M&A用語集について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone