拙文(読み)セツブン

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 つたない文章。まずい文章。へたな文章。多く、自分の文章をへりくだっていう。
※本朝文粋(1060頃)八・林亭春已晩詩序〈紀斉名〉「翹材館下。幸容鈍学拙文之身
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉一二「予が拙文(セツブン)を俟ずして諸彦の好く知る所なれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android