コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 のぼり

7件 の用語解説(幟の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


のぼり

祭礼,戦陣などに用いる旗の一種。のぼり旗の略といわれる。布の上部と横側に乳 (ち。竿,紐などを通すためにつけた小さな輪) をつけて竿に通す。旗は元来高く掲げ,風にひるがえることを特徴としたが,そうすると旗の裾がほかの物にからみ,戦陣で使うのに不便であったので,乳を用いるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

し【幟】[漢字項目]

[音]シ(呉)(漢) [訓]のぼり
〈シ〉目じるしとする旗。「旗幟
〈のぼり〉「鯉幟(こいのぼり)

のぼり【×幟】

《「上(のぼ)り」と同語源》
細長い布の端につけた輪にさおを通し、立てて標識とするもの。軍陣・祭礼・儀式などに用いる。のぼりばた。
端午の節句に飾られる五月幟(のぼり)。また、鯉(こい)のぼり。 夏》「門の木にくくし付たる―哉/一茶

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

幟【のぼり】

布の上辺と側面に乳(ち)をつけ,竿(さお)に通して立てる一種の旗。1456年の萱振合戦に敵味方を区別するため畠山政長が始めたという伝えは,幟の形式が整った時期と解される。
→関連項目はた(旗/幢/幡/旌)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

のぼり【幟】

旗の一種,昇旗(のぼりばた)の異称。本来は神を迎える招代(おぎしろ)として立てられたが,のちに一般に標識として用いられるようになった。(ばん)形式の流れ旗が風にひるがえりよじれ,保持が困難で,明示の用を欠くので,竿頭に折りかけの金具を差しこみ,これに幡の紐を結びつけ,幡の左側の縁に,一定の間をおいて,〈乳(ち)〉という布・革製の輪をとじつけ,竿を通し,布地を広げた形に保持した。後には上縁にも乳をつけるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

のぼり【幟】

〔「上り」と同源〕
細長い布の上と横に、多くの乳をつけて竿に通し、立てて標識とするもの。戦陣・祭典などで用いる。のぼり旗。
端午の節句に立てる幟、あるいは鯉のぼり。 [季] 夏。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


のぼり

旗の一種。古式の旗である長旗の上辺に横上(よこがみ)をつけ、緒を設けて旗竿(はたざお)に結び付けたいわゆる流(ながれ)旗に対し、上辺と縦の一辺に乳(ち)をつけ、竿を通して二辺を固定した形式の旗をさす。流旗は、長くなびき竹木に絡まって不便なため案出された(『武用弁略』)というが、長旗の文様、意匠がより顕示されるためのくふうであり、集団戦の発達とともに、その軍事拠点、階層、所属などを明示する必要に応じた旗の一形式である。『南方紀伝』に、1456年(康正2)、畠山政長(はたけやままさなが)、義就(よしなり)の同族の戦争のおり、両者同じ旗で敵味方の識別がむずかしいので、政長が自軍の流旗に乳をつけ、竿を通して押し立てたのが幟の起源とあるが、確証はない。『三儀一統大双紙』に「旗の乳」の語があり、『日葡(にっぽ)辞書』(1598刊)にも「Nobori」と立項され、軍陣所用の旗とあるので、中世末期、戦国時代には普及していたのであろう。したがって『伊達(だて)日記』『水沢軍記』『大友興廃記』『安土(あづち)日記』『清正(せいしょう)記』などの軍記類、『長篠(ながしの)合戦図屏風(びょうぶ)』『関ヶ原合戦図屏風』『大坂夏の陣図屏風』などにみえる幟の描写は、後代の成立ではあるが、ほぼ戦国時代以降の実状を物語るものと考えられる。一般には、横手を竿の上端近くにつけて、長旗の上辺と、縦の左側に乳または縫含(ぬいぐるみ)(袋乳(ふくろち))をつけて、竿を通して張り立て、横手の上に招(まねき)と称する小形の長旗をつけるのが近世の定形で、乳付の長旗、縫含旗とも称される。大馬印(おおうまじるし)、旗指物(はたさしもの)の類には幟旗形式が多く、中世末期から近世初頭以降、流旗は衰退して軍陣から姿を消してしまう。したがって、幟旗が軍陣の旗の定式となり、意匠は簡明、闊達(かったつ)、長大なものとなり、1か所に同意匠のものを多数そろえて林立せしめ、自軍の勢力を誇示し、士気を高揚するとともに敵を威嚇した。武田信玄(しんげん)の孫子の旗5張、武田菱(びし)の紋の旗5張、また、徳川将軍家の総白(そうじろ)の旗20張、紋の旗7張などはその例であって、近世、軍陣の旗とは幟をさすのである。[山岸素夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【端午】より

…また,この日の食品には各地で特色あるものが作られる。 男児の初節供を祝い,前もって母親の実家や親戚から(のぼり)や鯉幟,武者人形,冑などを贈り,当日はそれらの人々を招いたりして返礼の行われることは全国的である。幟は両親の家紋がつけられ勇ましい鍾馗像等が描かれたもので,庭先に立てられたが,最近では屋内へ飾るものが多くなった。…

※「幟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

幟の関連キーワード御上り京上り同源・同原駆上り裁上り同源同源包裹物同源包有物同源捕獲岩同源捕虜岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

幟の関連情報