コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拡大EU かくだいEU/かくだいいーゆー

1件 の用語解説(拡大EUの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

拡大EU

EUは、2004年5月1日に10カ国の新加盟国(チェコハンガリーポーランドバルト3国スロバキアスロベニアマルタキプロス)を迎えた。東西の隔たりを超え、4億6000万を超える人口と日本の約2倍、米国に比肩する国内総生産13兆2900億ドル(05年、米国は12兆4550億ドル)の経済力を擁する拡大EUは、世界市場において大きな存在となる。北への第1次拡大(1973年、イギリスデンマークアイルランド)、南への第2次・3次拡大(85、86年、ギリシャスペインポルトガル)、中立国への第4次拡大(95年、オーストリアフィンランドスウェーデン)に続く、04年の第5次拡大の特徴は、それが旧社会主義圏の中・東欧に及ぶことである。旧社会主義の国々にとってEU加盟の目的は、市場経済の導入を通して自国経済の活性化を図ることであるが、深刻な雇用情勢と、それに伴う東欧諸国からの大量の移民の流入や多額の開発補助金など、経済社会格差や慣習の違いのあるこれら諸国への拡大は、EUにとって「お荷物」にもなりかねない。拡大によって雇用・安全が脅かされるとの警戒感が独仏などの加盟国で強い。06年5月には組織犯罪、汚職、資金洗浄の摘発強化のための司法改革や補助金管理体制の確立がブルガリアルーマニアに提案された、そして07年1月には両国のEUへの加盟が実現した。今後2010年ごろにクロアチアの加盟の可能性があるといわれているが、マケドニアトルコの加盟時期についてはめどが立っていない。

(渡邊啓貴 駐仏日本大使館公使 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

拡大EUの関連キーワードICタグTORICO井上由美子ミサイルマン尿素SCRシステム(FLENDS)みまもりくんオンラインサービス国民保護法キム ギドクキム テヒチェ ジウ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

拡大EUの関連情報