コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持て成す もてなす

大辞林 第三版の解説

もてなす【持て成す】

( 動五[四] )
御馳走を出すなどして、心をこめて客を接待する。 「客を-・す」 「手料理で-・す」
人を取り扱う。待遇する。 「丁重に-・す」
うまくとりなす。 「世の覚えはなやかなる御かたがたにも劣らず、何事の儀式をも-・し給ひけれど/源氏 桐壺
そうであるかのようにみせかける。外見・態度をとりつくろう。 「小舟に乗せ奉り、御上に柴をとりつみて、爪木の舟の如くに-・し/保元
取りあげてあれこれと問題にする。もてはやす。 「鎌倉の海に鰹と云ふ魚は、かの境ひには左右なきものにて、この頃-・すものなり/徒然 119
[可能] もてなせる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

持て成すの関連情報