コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持碁 じご

3件 の用語解説(持碁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

持碁
じご

囲碁用語。一方の囲った地と,取ったハマ (取り石) の合計が,相手のそれと同数であること。引分け。中国では「べん (べん) 」の文字を用い,日本でも昭和初期 (1945以前) に使われていた。中国でべんを「和局 (ホーチュイ) 」と呼び,非常に珍重されるのは,中国ルールでは半数計算のため特殊なセキができなければべんは成立せず,日本の持碁よりはるかに確率が低いためである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

じご【持碁】

互いの地が同じである碁。勝負のない碁。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

持碁の関連情報