後手(読み)ゴテ

デジタル大辞泉の解説

ご‐て【後手】

他に先を越されること。また、相手に先に攻められて受け身の立場になること。「立ち上がりから後手に回る」「することなすことがみんな後手になる」⇔先手(せんて)
囲碁・将棋の用語。
㋐先手のあとで着手すること。また、その人。後手番。⇔先手
㋑自分の着手に対し、相手が受けてくれず、他の好所に先着されてしまうこと。⇔先手
後詰め1」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごて【後手】

囲碁・将棋で、あとから着手する人。後手番。
相手に先を越されて、受け身の立場になること。人より立ち後れること。 「 -にまわる」 「 -に立たされる」 「 -を引く」
後方に控えている軍勢。後詰ごづめ。後陣。
▽⇔ 先手

しりえで【後手】

うしろで。 「元輔冠を為ずして、-搔きて/今昔 28

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後手の関連情報