コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後手 ゴテ

デジタル大辞泉の解説

ご‐て【後手】

他に先を越されること。また、相手に先に攻められて受け身の立場になること。「立ち上がりから後手に回る」「することなすことがみんな後手になる」⇔先手(せんて)
囲碁・将棋の用語。
㋐先手のあとで着手すること。また、その人。後手番。⇔先手
㋑自分の着手に対し、相手が受けてくれず、他の好所に先着されてしまうこと。⇔先手
後詰め1」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごて【後手】

囲碁・将棋で、あとから着手する人。後手番。
相手に先を越されて、受け身の立場になること。人より立ち後れること。 「 -にまわる」 「 -に立たされる」 「 -を引く」
後方に控えている軍勢。後詰ごづめ。後陣。
▽⇔ 先手

しりえで【後手】

うしろで。 「元輔冠を為ずして、-搔きて/今昔 28

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

後手の関連キーワードイギリスでブラウン政権が誕生行き掛かる・行き掛る国家平和発展評議会緊急時対応センター横歩取りと新山崎流悪質商法規制強化敵を見て矢を矧ぐスプロール現象景気基準日付藤井システム連珠(聯珠)立ち上がり大山 康晴振く・揮くネット犯罪貧鉤・貧鈎将棋の戦法幣原喜重郎脱法ハウス掴み・摑み

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後手の関連情報