コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後手 ゴテ

デジタル大辞泉の解説

ご‐て【後手】

他に先を越されること。また、相手に先に攻められて受け身の立場になること。「立ち上がりから後手に回る」「することなすことがみんな後手になる」⇔先手(せんて)
囲碁・将棋の用語。
㋐先手のあとで着手すること。また、その人。後手番。⇔先手
㋑自分の着手に対し、相手が受けてくれず、他の好所に先着されてしまうこと。⇔先手
後詰め1」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごて【後手】

囲碁・将棋で、あとから着手する人。後手番。
相手に先を越されて、受け身の立場になること。人より立ち後れること。 「 -にまわる」 「 -に立たされる」 「 -を引く」
後方に控えている軍勢。後詰ごづめ。後陣。
▽↔ 先手

しりえで【後手】

うしろで。 「元輔冠を為ずして、-搔きて/今昔 28

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

後手の関連キーワードイギリスでブラウン政権が誕生行き掛かる・行き掛る横歩取りと新山崎流国家平和発展評議会緊急時対応センター悪質商法規制強化敵を見て矢を矧ぐストーカー規制法スプロール現象景気基準日付藤井システム連珠(聯珠)脱法ハウス大山 康晴広沢 真臣将棋の戦法インラックネット犯罪貧鉤・貧鈎幣原喜重郎

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後手の関連情報